第66回例会報告:パートナーシップ分科会 「こうすれば良好なパートナーシップが構築できる!」

第66回例会報告

今回は、BSIAパートナーシップ分科会からの発表です。タイトルは「こうすれば良好なパートナーシップが構築できる!~ITベンダーの力を借りてプロジェクトを成功させる秘訣~」。

IMG_0099_2

日本の企業システムの開発運用は、その多くを外部専門会社(ITベンダー)に依存しています。その一方、クラウドサービス等の充実でユーザー企業がシステム開発を主導しやすい環境が整ってきたとも言われています。しかしながら、その分ビジネスの変化も技術の進化もスピードは加速し、複雑化しており、やはりITベンダーの力を借りないことには企業システムは成り 立ちません。しかし、主役(最終責任者)は、あくまでユーザー側のはずです。ユーザー企業とITベンダーが良好なパートナーシップを構築する為には、お互いにどう取り組んだらよいでしょうか。

<BSIAパートナーシップ分科会の活動>

当分科会ではこのような問題意識を持って、月例でさまざまな業種の、さまざまな立場のメンバーが、自分が関わったプロジェクトのパートナーシップ構築の成功例・失敗例を発表し、成否の鍵となったポイントは何だったのかを議論しています。

今回の発表では、その中から、
・数十のマルチベンダーで進めた大病院のシステム構築プロジェクト成功のポイント
・トラブルの原因となりやすい要件定義がうまくいくアイデア
・情シスメンバーの人財育成におけるITベンダーとのパートナーシップ
など、具体的な事例を6つご紹介いただきました。

<発表>

「プロジェクト成否のカギ」 -要件定義の齟齬をなくせ-
鈴木由里(さくら情報システム)

「マルチベンダーだらけでも成功する方法~病院の大規模システム構築プロジェクトから~」
宇羅勇治(ITコンサルタント)

「ITベンダーのIT化は簡単?困難? 」~ベンチャーマインドと上場責任の葛藤~
田中琢馬(テクノスジャパン)

「ユーザーがまじめなら、委託先は応えてくれる 」-シンプル まじめ 相互信頼-
佐々木典夫(元山之内製薬(現アステラス製薬))

「官庁にだってできるんだ。」パートナーシップ実現へのチャレンジ
土肥亮一(会計検査院)

「ユーザーが腹を括ったことで成功した話」(仮題)
舛巴 智(富士通 元花王)

提言「ベンダーによるロックインは悪いことなのか?」(仮題)
安藤和美(花王ビジネスアソシエ)

ページ上部へ戻る