第2回 関西例会 2月27日開催

システムリフォーム(ユニチカモデル)で実現した成長する基幹システム

IMG_2232_s
ユニチカでは、基幹システムの再構築にあたり「先進性」「保守性」「開発生産性」の実現というコンセプトを打ち立て、今後の主流開発モデルとされる「システムリフォーム」をベースに「ユニチカモデル」を策定し、当モデルでの再構築を無事に完了しました。

本講演では、実践で築き上げたノウハウと勘所を詳しくご紹介します。

 

近藤 寿和 氏(ユニチカ株式会社 情報システム部 部長)
略歴 1983年ユニチカ㈱に入社。1985年 ガラス繊維新工場立上げ時に生産管理システムの開発を担当。
1987年ユニチカ情報システム㈱に出向。以来、ユニチカ内外でFA系を中心に幅広い分野でシステム開発に従事する。
2001年開発課長、2004年開発部長を経て、2009年にユニチカに戻り情報システム部長に就任(現職)。
2013年に長年の懸案だった脱ホストに舵を切る。2018年4月、ホストの電源を切り、オープン化を達成。
趣味のゴルフは一向にうまくならない。
日時 2019年2月27日(水) 18:00~20:30(17:30 受付開始)
場所 メットライフ本町スクエア(旧丸紅ビル) (大阪市中央区本町2-5-7) 地下会議室
大阪メトロ中央線/堺筋線:堺筋本町より徒歩3分
参加費 2,000円(個人正会員はご本人、法人正会員は1社2名まで無料です)
ページ上部へ戻る