第94回研究会(例会)9月26日開催

企業で活躍するデータサイエンティストの能力定義

河本sデータサイエンティストの必要能力のうち、「分析力」と「プログラミング力」は体系化しやすく書籍やセミナーも多いが、「ビジネス力」は定義すら覚束ない。事業会社でデータサイエンティストの育成が進まない原因はここにある。本講演では、大阪ガスでの経験をもとに「ビジネス力」の私案を示し、加えて、滋賀大で試行している育成方法を紹介したい。

講師 河本 薫 氏(滋賀大学データサイエンス学部教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長(元 大阪ガス(株)ビジネスアナリシスセンター所長))
略歴 1991年、京都大学応用システム科学専攻修了。大阪ガスに入社。
1998年から米国ローレンスバークレー国立研究所でエネルギー消費データ分析に従事。
帰社後、大阪ガスにてデータ分析による業務改革を推進。
2011年からデータ分析組織であるビジネスアナリシスセンターの所長を務め、
大阪ガスにおいてデータ分析組織を定着させたおいてデータ分析組織を定着させた。
日経情報ストラテジーが選ぶ初代データサイエンス・オブ・ザ・イヤーを受賞。
2018年4月より現職。大阪大学招聘教授を兼任。博士(工学、経済学)。著書に『会社を変える分析の力』(講談社現代新書)、『最強のデータ分析組織』(日経BP)など。
NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演。 
日時 2019年9月26日(木) 18:00~20:30(17:30 受付開始)
場所 全水道会館  (東京都文京区本郷1-4-1) 4F大会議室
JR水道橋駅 東口(お茶の水駅より)2分
都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
参加費 2,000円(個人正会員はご本人、法人正会員は1社2名まで無料です)
学割:500円(学生の方は学割が適用されます。ただし社会人大学生、大学院生は対象外)
当日受付時に学生証を確認しますので、ご持参ください。
ページ上部へ戻る