第109回研究会(例会)5月26日開催

日清食品グループが挑戦するデジタル化推進の取り組み

成田日清食品グループでは「EARTH FOOD CREATOR」という経営理念に基づき、トップマネジメントの強力なリーダーシップのもとで全社的なデジタル化が推進されています。スマートファクトリー構築やレガシーシステム刷新などのこれまでの取り組みと、ローコードプラットフォームを活用して事業部門自らがシステム構築に携わることを目指した、コロナ禍において進められているシステム開発内製化の動きについてご紹介します。

講師 成田 敏博 氏 (日清食品ホールディングス株式会社 情報企画部 次長)
略歴 1999年、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)入社。 公共サービス本部にて、中央官庁・独立行政法人を中心に、業務プロセス改革、財務会計システム構築などに従事。
2012年、株式会社ディー・エヌ・エー入社。IT戦略部長として、全社システム戦略立案・企画・構築・運用全般を統括。
その後、株式会社メルカリ IT戦略室長を経て、2019年12月に日清食品ホールディングスに入社して現職。
日時 2021年5月26日(木)18:00-20:30
場所 Zoomによる開催(参加方法については、メールにてご連絡します)
参加費 オンライン開催試行期間中につき無料
ページ上部へ戻る